• hnd193

ハートの日


1985年に日本心臓財団は、高齢化が進むにつれて増える心臓病に対応するには、国民の予防意識の向上が不可欠であると考え、8月10日ハート810 と読み取れることから、覚えやすいように語呂合わせでこの日を『健康ハートの日』と定めました。


これまでの「心臓病・脳卒中=病気」の予防というイメージから、"健康ハート"をつくるという明るいプラスのイメージで、この日を中心に新しい国民運動を展開しようと始めたものです。


心臓病は単に高齢によるものだけではなく、生活習慣に原因があるケースも多くみられ、高齢者だけでなく、若者や働き盛りの壮年層にとっても無視できない病気です。


心臓病の危険因子には高血圧、高脂血症、肥満、糖尿病、喫煙などがありますが、これらの危険因子を軽減するには日常生活(ライフスタイル)を見直すことが大切です。


「健康ハートの日」はこうした生活習慣を見直し、血圧などをチェックすることで、暑い夏の一日を「こころとからだの休日」となるよう願ったものです。


それから約30年が経過し、その間に生活習慣病という言葉が生まれ、近年はメタボリックシンドローム、通称メタボという言葉が流行になりました。長寿社会を迎えた日本にとって、単なる長生きではなく、いつまでも健康で過ごすことのできる健康寿命を伸ばすためには、よい生活習慣を身につけることが大切です。

 日本人の平均寿命  :男性 79.64歳、女性 86.39歳  日本人の平均健康寿命:男性 70.42歳、女性 73.62歳 (2010年の数値、厚生労働省)  平均寿命と健康寿命の差は、男性9.22年、女性12.77年。この期間を少しでも短くすることが、これからの日本の課題といえます。 日本心臓財団では、よい生活習慣として健康ハート10ヵ条を提唱しています。

健康ハート10ヵ条 1 血圧とコレステロールを正常に。(太りすぎ、糖尿病には注意して) 2 脂肪の摂取は、植物性を中心に。 3 食塩は調理の工夫で、無理なく減塩。(1日、6g未満を目標に) 4 食品は、栄養バランスを考えて。(1日、30食品を目標に) 5 食事の量は、運動量とのバランスで。甘いものには要注意。 6 つとめて歩き、適度な運動。 7 ストレスは、工夫をこらして上手に発散。 8 お酒の量は、自分のペースでほどほどに。 9 タバコは吸わない。頑固に禁煙。 10 定期検診わすれずに。(毎年一度は健康診断)


健康ハートの日をきっかけにライフスタイルを見直してみるのもいいかもしれませんね。







#島根県

#松江市

#東出雲町

#山陰

#中海

#大山

#製造業

#制御盤

#hinoden

#ひのでん

#樋野電機

#樋野電機工業

#しまねいきいき雇用賞

#しまね女性の活躍応援企業

#しまね子育て応援企業

#あいサポート企業

#健康事業所宣言

#50周年

#創立記念日

#健康ハートの日

#健康寿命



9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠 ①