• hnd193

梅干しの日



7月30日は「梅干の日」です。

和歌山県みやべ町の東農園が「梅干しを食べれば難が去る」という古来の言い伝えを語呂にあわせ、”難(7)が去る(30)”として7月30日を梅干の日に制定しました。

梅干は、現在から約1000年前に中国から伝来したといわれており、元々は食用というよりは漢方薬として主に使用され、腹痛などの症状を改善する効果があったそうです。

今や日の丸弁当というものができるほど、日本の食卓に慣れ親しまれている梅干。

今回は梅干の日にちなみ、梅干について調べてみました。


(調査方法:インターネットリサーチより

 調査対象:20代~60代男女、調査日:7月20日)





梅干が好きな人が多数を占めました。

イメージ的には若い世代には不人気なのかと思われましたが、20代の男女でも梅干が好きと答えた方も90%に上っています。


日の丸弁当としてご飯のお供としてはもちろん、鰹節と合わせた梅肉ソース、梅干で作るジャムなども人気がありました。

和食文化に欠かせない梅干ではありますが、現代では幅広く色々なジャンルで親しまれているようです。





甘い梅干が多数派となりました。

梅干のイメージも、「酸っぱ過ぎる」「見ているだけ口が酸っぱくなる」というようなイメージが多数を占めており、"梅干=酸っぱい”というイメージが強いためか、蜂蜜などを使って漬け込んでいる、酸味が少なく、甘みの強い梅干が好まれている様子です。

みなさんは甘い梅干しと酸っぱい梅干し、どちらが好きですか?




思ったよりも、幅広い年代に浸透しているのがわかりました。

元々梅干は湿布のように貼る薬のように、こめかみに梅干片を貼り、頭痛や癇癪の治療に使用されたり、漢方薬として、梅干を黒焼きにして腹痛、駆虫薬(体内に寄生している虫を駆除する薬)、解熱、腸内の消毒などに用いられたりと、当時では人々にとって欠かせない薬であり、ご飯のおかずやお酒の肴としても愛されてきました。


疲労回復効果を期待できるクエン酸がたっぷり含まれた「梅干し」を食べて 暑い夏を元気に過ごしましょう!





#島根県

#松江市

#東出雲町

#山陰

#中海

#大山

#製造業

#制御盤

#hinoden

#ひのでん

#樋野電機

#樋野電機工業

#しまねいきいき雇用賞

#しまね女性の活躍応援企業

#しまね子育て応援企業

#あいサポート企業

#健康事業所宣言

#創立記念日

#50周年

#梅干し #薬

#疲労回復




11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

睡眠 ①