• hnd193

社会問題



新型コロナウイルスの影響による自死が増えています。


2020年における総自殺者数は2万1,077人(暫定値)。

男性は前年よりも26人減少した1万4,052人、逆に女性は2019年から934人増加し7,025人と2年ぶりに増加。

若年層に至っては、小学生が15人、中学生が145人、高校生338人の合計498人に上り、1978年の統計開始以来最多だった1986年の401人を超えました。


1998年に増加した自殺者の多くは、40〜60代の中高年の男性。

現在でも、人数的にはこの年代の男性が自殺者全体の3分の1を占める状況が続いています。

しかし、自殺死亡率(人口10万人当たりの自殺者数)は高齢者も非常に高く、また10代~30代の死亡原因の第1位が自殺。


今や自死は個人の問題ではなく社会の問題です。


人は衝動的に自殺で亡くなるのではなく、多くは、複合的な悩みや課題が連鎖する中で、「もう生きられない」「死ぬしかない」と、追い込まれた末に亡くなっているそうです。

自殺の実態調査から、自殺で亡くなった人は平均すると4つの悩みや課題を抱えていたことが分かっています。


若い人たちは、『死にたい』というより、『消えたい』『もう生きていたくない』と思ってしまうそうです。

まさに、死にたいのではなく、生きていることをなくしたい、その手段として自殺を考えるということなのだろうと思います。


新型コロナ禍の中、職を失うリスクや、メンタルを病む可能性は誰にだって起こります。

その最終的な「逃げ場」が自死であってはならないと心から思います。


生きるという選択を・・・

生きる勇気を・・・


どうか一人で抱え込まず誰かに話しましょう。

周りの人の様子が「いつもと違う」と気づいたら、声をかけ、その人の話をよく聞いてください。

あなたの気づきと声かけで救われる人がいます。

もし、あなた自身が悩んでいたら、一人で抱え込まず、相談しましょう。

あなたの命は尊くかけがえのない命です。



悩みを抱えているという方は、以下のような相談窓口があります。

電話「いのちの電話」 0570-783-556(午前10時~午後10時)

LINE「生きづらびっと」 →「友だち追加」で相談ができます。

また、厚生労働省のホームページでも相談窓口が紹介されています。






#島根県

#松江市

#東出雲町

#山陰

#中海

#大山

#製造業

#制御盤

#hinoden

#ひのでん

#樋野電機

#樋野電機工業

#しまねいきいき雇用賞

#しまね女性の活躍応援企業

#しまね子育て応援企業

#あいサポート企業

#あなたのいのち

#いのちの重み

#いのちの大切さ





閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示

言葉の日

ピノキオ