top of page
  • 執筆者の写真hnd083

支援金

おはようございます。 少子化対策の財源のお話。 少子化安定財源が3.6兆円を28年度に確保するとされました。 岸田総理が言った、次元の異なる少子化対策の財源です。 歳出改革と支援金で確保する方針。 国民の実質的な負担増は求めないと総理は話している。 しかしこれは率の問題。 所得が増えれば金額が増えても率は増えないとの論理。 それで賃上げを言っている。 実質は1人当たり500円の負担増になるようです。 社会保険料のアップとは言わずに支援金なんて綺麗な言葉でごまかしている。 きちんと負担して欲しいと言えばいいのに。 負担増は求めないといいながら、それは率の問題で金額ではないと。 安倍さんの時代からかよくわからないけど、国民に正直に訴えずに、姑息な手段で進めようとしてる姿勢が最近の政府には見えてしまっている。 何故これだけどうしても必要だから負担してくださいと言えないんだろう。 税金も同じ。 もっと簡素化して分かり易い税に変えて欲しい。 複雑すぎる。 少子化対策は当然必要だと思う。 既に遅いぐらいだと思う。 児童手当の拡充、大学の無償化、児童扶養手当だけでは少子化の解消にはならないでしょう。 もちろんそういう事も必要でしょう。 田舎に移住して人間らしい生活を、余裕のある生活を送れる環境を作る方が対策になると思う。 まぁ、強制的に取られるんだから支援金なんて言葉は止めて欲しいな。 女流王座戦、里見香奈女流穏座が3勝1敗で防衛。 前局は挑戦者の加藤桃子女流四段の快勝譜でしたが、今回は里見さんの快勝譜。 おめでとうございました。




閲覧数:13回0件のコメント

最新記事

すべて表示

人員削減

手形決済

TSMC

bottom of page