• hnd193

気象病


梅雨の時期や天気が崩れた際に、頭痛がする方が多くいらっしゃいます。

人によっては、天気が崩れる数日前から症状が出る方や、肩こり吐き気を伴う方も。


どうして悪天候になると頭痛が起きやすくなるのでしょうか?

それは自律神経の失調が関係しています。


自律神経は、呼吸・血液の循環・消化などの、身体を通常状態に保つための機能をしています。

たとえば暑いときには汗をかくように促したり、寒いときにはぶるぶる身体を震わせたりします。 このとき働いているのが自律神経です。


この自律神経は、気温や気圧の影響を受けやすく、急激な気圧の変化に過剰に反応します。 こうして、私たちの身体は異変を感じるわけです。


頭痛にも色々な種類がありますが、低気圧時の頭痛を和らげる方法は

  • 頭痛がきそうと思ったら鎮痛剤

  • コーヒーなどでカフェインを摂取

  • 身体を温める、もしくは冷やす

などが有効とされています。


頭痛を和らげる方法は人それぞれ違います。

自分に合った対処方法を探すことが大切ですね。






#島根県

#松江市

#東出雲町

#山陰

#中海

#大山

#製造業

#制御盤

#hinoden

#ひのでん

#樋野電機

#樋野電機工業

#しまねいきいき雇用賞

#しまね女性の活躍応援企業

#しまね子育て応援企業

#あいサポート企業

#頭痛

#気象病

#対処法








閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示