top of page
  • hnd193

気象病


梅雨の時期や天気が崩れた際に、頭痛がする方が多くいらっしゃいます。

人によっては、天気が崩れる数日前から症状が出る方や、肩こり吐き気を伴う方も。


どうして悪天候になると頭痛が起きやすくなるのでしょうか?

それは自律神経の失調が関係しています。


自律神経は、呼吸・血液の循環・消化などの、身体を通常状態に保つための機能をしています。

たとえば暑いときには汗をかくように促したり、寒いときにはぶるぶる身体を震わせたりします。 このとき働いているのが自律神経です。


この自律神経は、気温や気圧の影響を受けやすく、急激な気圧の変化に過剰に反応します。 こうして、私たちの身体は異変を感じるわけです。


頭痛にも色々な種類がありますが、低気圧時の頭痛を和らげる方法は

  • 頭痛がきそうと思ったら鎮痛剤

  • コーヒーなどでカフェインを摂取

  • 身体を温める、もしくは冷やす

などが有効とされています。


頭痛を和らげる方法は人それぞれ違います。

自分に合った対処方法を探すことが大切ですね。













閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

週末に祖父母の家に行き畑の手伝いをしました。 今回はスイカととうもろこしに獣避けのネット張りとトマトを支柱にくくる作業をしました。 ネットを張る時に建てる杭がなかなか上手く刺さらず苦労しました。 スイカととうもろこしを毎年楽しみにしているので獣に食べられず美味しくできていて欲しいです。 トマトは毎年たくさん出来ているので頑張って食べたいと思います。 #松江市 #東出雲町 #山陰 #中海 #大山 #

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page