top of page
  • hnd193

七夕


今日は七夕ですね!


年に一度だけ、織姫と彦星が天の川で会える素敵な日です。


国を超えて広く伝わる織姫と彦星のお話には、いろんなバリエーションがありますが、以下の内容はほぼ共通しています。


天帝(神様)の娘である織女は、機織りが上手で働き者の女性。

天帝は、同じく働き者で牛飼いの牽牛と引き合わせました。

二人はひと目で恋に落ち、結婚しました。


ところが結婚すると遊んでばかりで、働かなくなるという結果に。

怒った天帝は二人を天の川の両岸に引き離しましたが、織女が泣いて悲しんだため、年に1度、七夕の夜にだけ会うことを許すようになった…というあらすじです。


色とりどりの短冊や、いろんな形の飾りを笹竹に吊す七夕飾り。

昔は高ければ高いほど星に願いが届くと考えられ、屋根の上まで高くかかげていたようです。


地域ごとの言い伝えや伝統にも思いをはせつつ、天の川を眺めてみたいものですね。


今日織姫と彦星が再会できますように・・・♡











閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários

Avaliado com 0 de 5 estrelas.
Ainda sem avaliações

Adicione uma avaliação
bottom of page