• hnd193

涙活


大泣きしたことでスッキリした経験はだれにでもあるのではないでしょうか?

実は、これは理にかなっていて、脳科学の実験でも証明されています。

仕事でストレスを抱えやすい、疲れているのになかなか寝付けない……

そんなときこそ号泣するのが効果的です!


動物の涙には、眼球を乾燥から守る『基礎分泌の涙』、角膜を保護する『反射の涙』、心を動かされたときに流す『情動の涙』の3種類があります。

人間にしか備わっていないのは『情動の涙』です。

これは、脳の中のストレスを一気に洗い流してくれる涙で、抗ストレス能力があるそうです。


涙腺は副交感神経のコントロール下にあり、泣くことにより副交感神経が興奮状態になります。

そもそも起きているときは交感神経が優位に働き、ストレス状態にあるときは、この交感神経の緊張が高まっている状態になるのですが、そのような状況で大泣きすると、一気に副交感神経が興奮して交感神経とスイッチング。

これにより、ストレスが流されるのでスッキリするのです。


号泣すると、交感神経から副交感神経へのスイッチングが起きるので、体が眠っている状態のようにリラックスできるだけでなく、実際に眠りを誘導することもできます。

とくに、人に共感して涙を流すと、共感脳と言われる前頭前野の血流量が増加し、副交感神経が活性化されます。

不眠症で悩んでいる方は、積極的に号泣できる映画や音楽などに触れて、感動の涙を流すとストレスが解消され、大きな開放感が得られるでしょう。

このとき注意したいのが、感動したけれど泣けないという状態です。

いくら感動しても涙が流れないと、この交感神経から副交感神経へのスイッチングは得られません。

流す涙の量ではなく、泣くことに意味があるのです。


沈んだ気持ちはこまめに笑うことで上げる、そして、週末には泣ける映画やコンテンツでたっぷりと涙を流して、1週間分の疲れを癒し、心身をスッキリさせる。

この2つの組み合わせでストレスを解消していくのが、ストレスフルな時代を健やかに過ごす秘訣かもしれません。


こまめに笑って、激しく泣く!

      “週末号泣”を習慣化しましょう!






#島根県

#松江市

#東出雲町

#山陰

#中海

#大山

#製造業

#制御盤

#hinoden

#ひのでん

#樋野電機

#樋野電機工業

#しまねいきいき雇用賞

#しまね女性の活躍応援企業

#しまね子育て応援企業

#あいサポート企業

#涙活

#ストレス発散






閲覧数:9回0件のコメント

最新記事

すべて表示