top of page
  • A.M

   1.26

おはようございます。 1.26.合計特殊出生率が過去最低に再びなった。 少子化はドンドン深刻化していくでしょう。 政府は少子化対策を打ち出してるが、効果が著しくあるかと言えば無いだろう。 子供手当を多少拡充したとしても子供を産もうとはならない。 ならどうすればいいのか。 難しい問題ではある。 島根は1.57.全国で第四位らしい。 生活のしやすさ。 将来の安定。 子育てのしやすさ。 が必要だと思う。 一つが親との別居にあると思う。同居なら親に子供の面倒も見てもらえるし、生活の面でも一緒に暮らしていれば家賃、食費、生活費も少なくて済む。 共稼ぎしても安心して仕事出来るしキャリアアップしやすいだろう。 家賃、保育料が無くなれば子供手当の比では無いでしょう。 年金制度が充実すれば将来不安が少なくなり、今を安心して生活できる。 そうすれば子供も欲しくなるだろうし、結婚も考えるだろう。 税金や社会保障料が高すぎるのも問題だ。 可処分所得を増やさないと安心して結婚も出来ないし、子供を育てられない。 少子化対策の費用を社会保険料のアップで捻出なんてナンセンス。 今の政策は税はドンドン高くなるし、社会保険料も負担が増え続けてる。 年金はドンドンカットされてるし、これでは少子化解消にはならないでしょう。 極論、あえて無理だと判ってる事を言えば、中絶を禁止して、ピルも廃止。 一夫多妻制を認めれば子供は増えるよね。 しかしそんな事は出来ない。 やはり子育てしやすい環境を作るしかない。 保育所に入れてもちょっと熱が出れば迎えに来てくださいって言われ仕事を早退し休まなきゃならない。 それじゃぁ2人、3人とは作りたくなくなっちゃうよね。 もちろん、どちらかが一人働けば生活出来る所得があれば問題ないんだろうけど。 中々そうはならない。 やはり同居がいいんだよって社会風土を作っていくしかないんじゃないのかなぁ。

#1.26

閲覧数:28回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comments

Rated 0 out of 5 stars.
No ratings yet

Add a rating
bottom of page